Design Again

ビールと食と暮らしづくり。

キリンのクラフトビール新施作「タップ・マルシェ」に思うこと

すごいぞ、キリン。
本気だ、キリン。

http://www.kirin.co.jp/company/news/2017/images/0112_02.jpg

「Tap Marché(タップ・マルシェ)」を地域限定で展開|2017年|ニュースリリース|キリン

専用ディスペンサー 4タップ(注ぎ口)!!
3Lペットボトル!!4種!!

 

いやはや、興奮してしまった。
2017年、キリンが発表した「タップ・マルシェ」を考察したいと思う。

タップマルシェって何やねん?って方はキリンのHPへどうぞ
http://www.kirin.co.jp/company/news/2017/0112_02.html

簡単には、3Lのペッドボトル4種を充填できるビールサーバーを関東圏飲食店1000店に無償貸与して、自社のクラフトビール販売を促進していくのである。

 

 

【先ずは結論から】
すごいぞキリン!革新的!!
(※売上的には知らんが・・・)

 

キリンしか、成し得ない技
ヤッホー(国内最大手クラフトビールメーカー)・ブルックリン(米国大手クラフトビールメーカー)と提携しているキリンだから、できる技。
タップマルシェのみだと、莫大な生産ロットをクリアできないが、すでにコンビニ等で流通しているクラフトビールもあり、安定的に・安価に提供が可能であろう。


2014年7月に発表したクラフトビールブランド「SPRING VALLEY BREWERY」の立ち上げを皮切りに、同年9月には日本のクラフトビール市場のリーディングカンパニーであるヤッホーブルーイング社、2017年1月には米国の代表的なクラフトビールメーカーであるブルックリン・ブルワリー社と資本業務提携するなど、国内におけるクラフトビール市場の拡大、浸透を図ってきました。

 

飲食店にクラフトビールを広める最高策
飲食店経営者の中でも、クラフトビールには興味あるけど、設備投資やスペースが無いんだよね・・・という悩みに、ばっちしフィットする。おそらく、サーバーは無償貸与でしょう。ビールは3Lを4種類なので、12L。決して多くはないだろう。飲食店経営者として、導入しない手はなさそうだけど、懸念点としては、どれだけのスタッフの労力を取るかですね。居酒屋で利益率が一番低いのはビールとよく言いますし。

 

クラフトビールという武器で、他社の牙城を
以前は、サッポロ、アサヒの生を置いている店に、キリンの生を置いてくださいと営業をかけていたはず。そこを、サーバーを新しく無償貸与!!何と4タップ!今話題のクラフトビールです!!という形で、他社の牙城を切り崩していくのだ。
どう?新しいでしょお〜?という感じ。

 

一緒にやるかい?タップ・マルシェ
-飲める選択肢は増えた方が面白い-
他のクラフトビールメーカーにもキリンは声をかけるでしょうが、
ボトリング・価格帯の問題もあり、乗ってくるメーカーは乏しいでしょう。
ミッケラー等のファントムブルーワリーを取り込めたら、非常に面白くなります。

 

 

<総括> 

もはや、クラフトビール業界にとって、プラスしかない。


仮に、タップ・マルシェを導入した飲食店がキリンのクラフトビールで埋め尽くされても、消費者はクラフトビールを手にする機会が増え、他のクラフトビールにも間違いなく興味が出て、クラフトビールを飲み始める。

しかも、飲食店店長が、アサヒの生より、キリンのクラフトビールの方が美味いし、売れてるよね。じゃあ、アサヒはやめて、キリンのクラフトビール20L樽を発注しようという流れになるかもしれない。キリンの売上UP。やったね!
そう、飲食店の人の舌も試されているのである。

 

って、なればいいけどねっ!!!!!

発酵デザイナーに学ぶ「発酵学」

去年から、愛読している雑誌がある。
「スペクテイター」だ。大阪心斎橋のスタンダードブックストアに出会って以来、どハマりである。
バックナンバーの中でも、最も好きなのが下記の「発酵特集」 

スペクテイター〈35号〉 発酵のひみつ

スペクテイター〈35号〉 発酵のひみつ

 

私がビール業界に入る前に読んだので、
発酵の世界はこんなにも広く、なんて面白いんだ!と夢中になって読んだ。

特に、冒頭の発酵デザイナーの小倉ヒラクさんの記事は、とても参考になった。
記事内で紹介されている本を一部纏めさせてもらいます。(私が今後読みたいもののみ)

 

<特に読みたいもの>

発酵―ミクロの巨人たちの神秘 (中公新書) 優先

食と日本人の知恵 (岩波現代文庫―社会)

くらしと微生物 優先

微生物の狩人 上 (岩波文庫 青 928-1) 優先

 

<ゆくゆく読む>

日本の酒 (岩波文庫)

大腸菌 〜進化のカギを握るミクロな生命体

タンパク質の一生―生命活動の舞台裏 (岩波新書)

日本酒の近現代史: 酒造地の誕生 (歴史文化ライブラリー)

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌

免疫の意味論

生命の意味論

パラサイト・イヴ (新潮文庫)

農家が教える 微生物パワー とことん活用読本: 防除,植物活力剤から土つくりまで


 

拝啓 ブログを始めました。

ブログを始めました。
といっても、半年以上前から。
なのに、数記事しかなく、今日開いてみたら、「あれ、こんな画像投稿したっけ」と思ったら、広告であった。

今回、目的を明確にし、ブログが続くように・・・・

<ふわーっとした目的>

・ブログ=メモ

・インプットをアウトプットに

・情報整理の場所

・100%自分のため

・儲けはいらない

・あわよくば、同じようなことを考えてる人と繋がりたい

 

<目標(超低空飛行)>

3記事/月
100アクセス/月

 

以上

 

 

全米で住みたい都市No.1 ポートランドへの旅 (飲んだビール纏め)

ポートランドでのビール旅、
1日に6件ブルーワリー行く日もあれば、1件のみという日もありました。
さすがのヘパリーゼ持参でも、お疲れ気味でした。

さてさて、下記に訪問したブルーワリーを纏めました。自己満です。
ちなみにポートランドには76件のビール醸造している会社(?)があるそうです。

  1. Breakside Brewery ⭐︎
  2. Unicorn Brewing & U-Brew Pub
  3. Migration Brewing
  4. Grixsen Brewery & Taproom
  5. Ecliptic Brewing ⭐︎
  6. Burnside Brewing
  7. Ex Novo Brewing
  8. Hopworks Urban Brewery 
  9. Lucky Labrador Brew Pub
  10. Commons Brewery
  11. Hair of the Dog Brewing ⭐︎
  12. 10 Barrel Brewing ⭐︎ 大手の傘下といえども、ビール・サービス共に良い。
  13. Rogue Brewing ⭐︎

※有名どころばかりですが、⭐︎付きのとこが個人的にお気に入りです。

 

他、飲み行ったビールバー

  • Belmont Station ボトルの販売量がすごいです。
  • The Big Legrowiski

他数件行きましたが、店名を失念。

 

あとは雑に写真で振り返ります。

f:id:designagain:20161027192401j:plain

f:id:designagain:20161027192443j:plain

 

f:id:designagain:20161027192515j:plain

f:id:designagain:20161027192558j:plain

f:id:designagain:20161027192802j:plain

f:id:designagain:20161027192821j:plain

f:id:designagain:20161027192851j:plain

 

全米で住みたい都市No.1 ポートランドへの旅 (ブルーワリーツアー)

ポートランドに着いた翌々日に、ブルーワリーツアーに参加しました。

 

Portland Brewery Tours | BREWVANA
※今更気づきましたが、このHPにあるBreweryの紹介が見やすく良いですね。

 

Behind The Scenes

何種類かツアーがあり、Breweryを巡って飲むだけのツアーもありますが、
今回私が参加したのは「Behind The Scenes」。
Brewery4件を回って、飲んで、中の設備もガイドしてもらうツアーでした。


価格は89ドル。
そこそこのお値段ですが、専用バスの移動で各Breweryにて4杯ほど飲めて、3件目で飯も出てきます。
中心部から遠い所も行けたので、個人的には満足かな。

 

 

周ったところは下記4件です。

  • Breakside Brewery
  • Unicorn Brewing & U-Brew Pub

  • Migration Brewing

  • Grixsen Brewery & Taproom

 

 

f:id:designagain:20161027182018j:plain

案内をしてくれたのは、FounderのRose!素敵な女性でした!
ツアーが始まる前に自己紹介。まだシラフなので、皆かためです。
今回、おそらく催行人数ギリギリの5人でした。
メンバーはNYから旅行中の30代カップル、アメリカ人夫妻、ポートランダーの若めの兄ちゃん、そして私。

 

皆でワイワイ話してると、まず最初のBreakside Breweryに着きました。

f:id:designagain:20161027182723j:plain

圧巻のメダルの多さです。さすがですね。
たまたまヘッドブルーワーがいました!

さあさあ、飲んでいきます。
飲みながら、ビールの基礎知識をRoseが説明してくれます。

f:id:designagain:20161027182742j:plain

ここで3杯飲んで、4杯目は自分が好きなのをチョイスして飲めました。
やはり、美味いです。何を飲んでも、高いレベルで仕上げてきてますね。
評価され、急速に成長しているのも納得です。

 

f:id:designagain:20161027182816j:plain

飲み終わったら、中を見学。タンクでかい!

 

f:id:designagain:20161027182841j:plain

ワイン樽やジン樽に漬け込むバレルエイジングもやってました。
うわー飲ましてくれという感じ。
と思ってたら、まじで飲ましてくれました。案内してくれたおばちゃん神!

 

f:id:designagain:20161027182906j:plain

ジン樽でフルーツと一緒にIPAを漬け込んだビールです。
フレッシュという点もありましたが、このビール、超絶美味かったです。
ガイドのおばちゃんの手違いで、どうやらサンプルボトルを勝手に飲んでしまったようで、「ボトルを買わしてくれ」と言いましたが、いまは無いと言われました。
※誰か買ってきてください or 日本に入ってきたら教えてください。

 

 

お次は

f:id:designagain:20161027183938j:plain

ここはホームブルーワー用のショップが併設されてます。
ここに来て、こんなビールを作りたいと言うと、
専門スタッフが原材料をチョイスしてくれるみたいです。スゴイ!!

見た感じ生産ロットが少ないので、色々実験できそうで面白そうでした。
あと、ショップがあるので、結構な種類の原材料のストックを持てるのが素敵。

 

お次は、

  • Migration Brewing

f:id:designagain:20161027184554j:plain

 ここは良くも悪くも普通かなという印象。あまり印象なし。飯が美味かった。
どんどん写真が少なくなってきています…w

 

最後は、

  • Grixsen Brewery & Taproom

f:id:designagain:20161027184954j:plain

ガイドのお姉ちゃんが話しながら、足を華麗に組み替えるので、
全然話が頭に入ってきません!!!

このブルーワリー、今後に注目です。
IPAは作らない方針で、ベルジャンスタイルを中心に作っています。
市内でボトル販売してるとこを見たこと無いので、
今の所、タップからしか飲めない感じです。

 

f:id:designagain:20161027184917j:plain

 最後に!この場所で、皆で飲みながら、ビールクイズです!!
4件目となると、さすがに皆酔っているので、大盛り上がり!
結果として、私、優勝しました⭐︎笑 

 

終わってみると、ブルーワリーツアー、非常に面白かったです。
参加してよかった!英語がそこそこ理解できれば、おすすめです。
あと、ビールの醸造工程は事前に理解しておくと良いかと思います。

 

全米で住みたい都市No.1 ポートランドへの旅 (準備編)

大人の夏休みを8日間ほど頂き、
いざ、アメリカ オレゴン州ポートランドへ行ってきました。

f:id:designagain:20161024134837j:plain



結論から言いますと、最高でした!!

 

まぁ、昼間から、ビール飲んだり、ハンバーガー食べまくったり、
1日にブルーワリーを6件も回ってたら、そりゃ最高ですよ。

旅の中の話はさておき、準備に関して、列記しておきます。

 

<航空券>
アメリカン航空 ロサンゼルス乗り換えにて、往復6万切る値段でした。
(乗り継ぎ時間は2時間〜3時間。総移動時間は15時間〜16時間)

 

<宿>

東西2件のユースホステルに半分ずつ宿泊しました。
ブルーワリーが結構散らばってるので、分けて泊まったのは正解。
が、Hawthorneの方はちょっとアクセス悪いかなという印象。
宿としては、ただのユースホステルなので多くは期待しない方が良いです。
※日本人は誰も見なかったです。

HI Portland Hawthorne District Hostel | Portland Oregon USA

Northwest Portland Hostel | Portland, Oregon | Hostel

 

<事前準備>
・両替無し→街で300ドル下ろしましたが、露店やチップ以外はカード使えます。
ESTA申請 5分で終わります

Google Mapで行きたいとこをマッピング
Google Mapのダウンロード。 ←これ絶対やった方がいいです
上記2点をやっておけば、オフライン環境下でも現在地と地図がわかるので、迷うこと無し!星が近くにあればついでにいっとこー!となります。

f:id:designagain:20161024141240j:plain


<現地でやってよかったこと>
アメリカの交通会社Trimet(バスや電車を網羅)がアプリを出してます。
そこで7日間パス(カード決済)を買っておけば、後は携帯画面を見せればおkで捗りました。

そのほか、思い出したら追記します。 

 

東京でクラフトビール巡りをする際の訪問リスト

本リストは、私個人の好みで取捨選択したクラフトビール巡りリストです。
(選定基準はハイパー適当ですが、ビール種類が多い、珍しいビールがある、足を運ばないと飲めないビール、フード旨そう、空間作りに興味あり、コンセプトが面白い、店主と話してみたいなど)

 

行きたい店が多すぎて、困った・・・

 

<東京(ざっくり東側のほう)>

おそらく日本一のタップ数を誇る、老舗ビアバー。
オーナー自ら、新潟に立ち上げた醸造所「ストレンジブリューイング」を味わいたい。
酵母の自家純粋培養し、ホップも自家栽培しているとのこと。

 

日本国内だけでなく、世界的に成功している常陸野ブルーイング。
普段はボトルで飲むことが多く、ぜひ樽生で飲みたい。

 

元々、水質調査会社で働いてた方が新規事業として(?)スタートされたブルワリー。
開業までのブログが非常に細かく書かれていて、参考になります。

 

栃木マイクロブルーワリーから独立した方が営むブリューパプ。

 

代官山ツタヤのついでにぜひ寄りたいお店。

 

フード旨そう、31タップのお店。「ブルーチーズの最中」めちゃ食べたい!

 

シカゴピザで有名なお店。オリジナルビールを味わいたい。

 

ブルーパプ。フードも美味しく、デート遣いに良さそう。

 

ブルースバー。雰囲気良さそう〜

 

 

<東京(ざっくり西側のほう)>

ポートランドを意識したビアバー。アメリカのビール中心。

 

ベルギービールをメインに取り扱うビアバー。
瓶内発酵で有名なベルギービールをぜひ味わいたい。

 

餃子くいてえええ!!

 

タップ数32個。他店舗もあり。

 

海外ビール中心15タップ。

 

入っているビールにセンスを感じる。和食と日本酒も旨そう。

 

うしとら!ハンドポンプ3台にこだわりを感じますね〜

 

老舗?ブルーパプ。

 

craftbeer-tokyo.info

奥多摩のブリューパプ。自然に囲まれた古民家で飲むビールは最高!な気がする。

 

1500円でフードが食べ放題。さらにビールも旨そうで、雰囲気もGOOD。

 

ポートランドからの輸入ビールがメイン。

 

尾崎牛が反則ですね。行きたすぎる。クラフトビールはボトルのみと思われます。

 

<酒屋関係>

クラフトビールが150種類以上。その場で飲めて楽しそう。

 

ビールに囲まれた店内で「次は何を飲もうかな?」と思いながら、たこ焼きとクラフトビール。最高でしょ。